FC2ブログ

記事一覧

1200MHz5エレ八木アンテナ制作

先日135MHz~2.7GHzまで測定できるアンテナアナライザーN1201SAを入手したので1200MHz帯のアンテナを作ってみました。時間のある時にMMANA-GALで5エレ八木を設計。自遊空間でゲインは9.67 F/B比は15.14dB 直接給電できるようにインピーダンスを50Ωに近づけました。設計はMMANAが計算してくれるので比較的簡単にできますが、実際に作ろうとしたとき給電部をどうするか一番悩みました。いろいろ考えた結果、圧着端子を加工して...

続きを読む

Snap-QEC Match エレメント調整②

本日はSmap-QEC Match のエレメント調整の続きをしたかったのですが、お昼過ぎにチョット用事があり出かけられずどうしようか考えていたら、昨年買った9mのグラスロッドがあることを思い出しました。(このロッド10mとして売っていたのに実長9mだし、同調子でグニャグニャなので使い物にならず仕舞い込んでいました。)10MHzと7MHzの調整には庭が狭すぎて無理ですが、先日作った28~14にカウンターポイズを付けたらどうなるか...

続きを読む

Snap-QEC Match エレメント調整

本日、近所の公園で先日作ったSnap-QEC Match のエレメント調整をしてきました。と言っても急に思い立ったので、28MHz~14MHzまでの5バンドだけですが。公園についてエレメントをぶら下げる手ごろな木を探しますが、高さ10m以上の枝がなかなか見当たりません。あちこち歩き回ってようやく見つけましたが、今度は10mの高さまでロープを付けた錘を上手く投げられません。以前からギボシダイポールの給電点を木の枝に引っ張...

続きを読む

Snap-QEC Match (JP1QEC 's EFHW Antenna)

アマチュア無線の大先輩でSOTA運用にも熱心な"あぶさん"ことJP1QEC局が先日から新しいアンテナを開発されています。基本的にはEFHWアンテナで1/2λのフルサイズエレメントを端から給電する電圧給電アンテナですが、給電部にパッチンコアのみを使用しているのが特徴です。通常EFHWと言えばコイルとコンデンサのLCマッチで同調を取りますが、このアンテナはパッチンコアを1:49のトランスとしているだけです。コンデンサやバリコンが...

続きを読む

チューナー改造(VCHアンテナで3.5MHz)

いつも使っているVCHアンテナで、3.5MHzに出る為にチューナーを少しだけ改造してみました。VCHアンテナは7MHz~14MHzはチューナー無しでSWR1.1程度まで落とせますが、ハイバンドには向かないので私は給電部にチューナーを噛ませて7MHz~28MHzまで使えるようにしています。ただ、使っているうちに随分くたびれてきているし、コネクタもM型を使っているので変換コネクタが必要だったり、色々と不満点もあるので一から作り直して...

続きを読む

訪問者数