FC2ブログ

記事一覧

KX2測定

KX2の保証認定→変更申請手続き中でまだ使えないので、色々測定してみました。

とりあえず重量から
KX2/450g
パドルを付けた状態で約450g

KX2/600g
内蔵バッテリーを入れると約600g


次に送信出力と電圧の関係をを見てみようとダミーロードを付けて測定してみました。

10W出力に設定。
KX2/10W
パワー計では若干10Wを下回っているように見えました。

5W出力に設定。
KX2/5W
こちらは逆に若干5Wを上回っているようにみえました。

次に電圧を下げてどこまで10W出るか計測
KX2/10.6V→5Wへ
KX2の電圧表示で10.6Vになった段階で5Wに落ちました。

KX2/11.3V→5Wへ
こちらは5Wにパワーダウンした時の安定化電源の電圧表示。11Vを少し超えています。電源ケーブルを長い物を使っていたので、電圧降下で差が出たのでしょう。あまりあてにならないですね。

この後、電圧を上げてみても勝手に10Wにはなりませんでした。改めて10Wに設定する必要があるようです。

次に5W出力の限界
KX2/8.2V_5W限界
8.2Vまで5W出力でした。これ以上下げた状態で送信すると電源が落ちます。

KX2/8.1V_BAT LOW
8.1Vで BAT LOW の表示。送信すると電源ダウン。

今回のテストは外部電源での結果なので、内蔵バッテリー運用の場合は過放電防止回路が組み込まれているでしょうから、また違った結果になるのでしょうね。
内蔵バッテリーで運用することを考えると、5W送信であればかなり使えそうですが、10W送信できる時間は結構短いかもしれません。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数

プロフィール

かつお

Author:かつお
3.11震災を機にアマチュア無線を始めました。
私立文系出身、事務方サラリーマンなので理屈は分からないですが、「とりあえずやってみる」であれこれ実験して遊んでます。