FC2ブログ

記事一覧

昼ヶ岳 移動運用(SOTA JA/HG-216)

本日は兵庫県三田市の昼ヶ岳(標高595m、SOTA JA/HG-216)にて移動運用しました。
(山頂は三田市と猪名川町の境界になっていますが、今回は三田市側です。)
アメリカ本土との交信を狙って早朝から出かけました。
以前大船山(JA/HG-076)で運用した時と同じく県道323号線から波豆川を遡り、三田アスレチックの駐車場に車を置きました。
前回は駐車料金を払いそびれましたが、今回は下山してきたところでペンションの方がいらっしゃったので\500払ってきました。

昼ヶ岳/登山地図
ネット情報では内田池まで道路が整備されているようなことを書いているサイトがあったのですが、実際に行ってみると舗装されていない林道で車両通行止めになっていました。

昼ヶ岳/林道入り口
駐車場をスタートして10分程で道路の一番奥の民家に突き当り、その左側から林道が伸びています。

昼ヶ岳/通行止め
林道に入って直ぐ通行止めの鎖がありました。

昼ヶ岳/地図ログ
登山地図通り内田池から山頂を目指すつもりでしたが、山頂直下に分岐があったのでそこから登りました。
これが結構大変。最初は登山道もしっかりあって問題なかったのですが、次第に踏み跡も見えなくなり、急勾配の道なき道をひたすら登る羽目になりました。

昼ヶ岳/登山道入り口
分岐です。

昼ヶ岳/登山道
橋が架かっていて、しっかりした道(最初だけ)でした。

昼ヶ岳/道しるべ
橋を渡ったところの道しるべ。

昼ヶ岳/尾根道
どうにかこうにか尾根の上まで出ました。これで一安心かと思いきや。

昼ヶ岳/ロープ
山頂直下はこれまた急勾配。お助けロープがありがたいです。

昼ヶ岳/山頂
ようやく山頂に到着です。駐車場から50分でした。

昼ヶ岳/大船山
山頂は林の中のような状態でほとんど見通しが利きません。
唯一南西方向だけ開けており、大船山がよく見えました。(右の高い方)

昼ヶ岳/南西景色
眼下の畑の辺りを通って登ってきました。

昼ヶ岳/山頂の様子
山頂の様子です。
とにかく狭い。ダイポールはとても無理なので、ギボシ接続で各バンドつかえるGPアンテナを立てましたが、それでもバンドチェンジの為に釣竿を倒すのに一苦労しないといけません。やはりこういう山ではVCHが最適ですね。

下りは素直に登山地図通りに降りようとしましたが、これまた結構大変でした。
昼ヶ岳/道無し
急な坂道はありませんでしたが、山頂から下り始めてすぐに踏み跡を見失い、GPSとにらめっこしながら道なき道を進みました。

昼ヶ岳/ヌタ場
内田池が近づいてくるとぬかるみが多く、シカのヌタ場がありました。

昼ヶ岳/内田池
内田池です。

昼ヶ岳/登山道
内田池のほとりを歩いていると本来の登山道がありました。溝に沿って山頂方向へ伸びています。
ショートカットなどせず最初からこの道で登ればよかったのかな?

本日の運用ですが、7:30頃14MHzからスタート、アメリカ西海岸から呼ばれましたが、続かないので18MHzに移動。
アメリカ、オーストラリアからポツポツと呼ばれました。
その後、JF3KLH局が生石ヶ峰(SOTA JA/WK-027)から7MHzSSBで出ているとの情報をキャッチ、18MHzのエレメントで無理やり送信してS2S成功。
せっかくなのでエレメントを追加して7MHzのセッティングにしてCWでCQ。仏果山(JA/KN-017)から出ているJL1NIE局からも呼んでいただきました。
その後、再度ハイバンドに戻りましたが、コンディションが落ちたのか、RBNにも拾われず、全く飛んでいないようでした。
お昼を回ったのでぼちぼち下山しようかと片付けをしていいるとハンディー機から旗振山(JA/NR-057)で運用しているJM3GVHのCQが聞こえたので慌てて呼ばせていただきました。

〈運用結果〉
7MHz 9局(JAのみ(S2S2局))
14MHz 3局(JA1局、USA2局)
18MHz 8局(JA2局、USA2局、オーストラリア4局)
21MHz 1局(ニュージーランド)
433MHz 1局(JA(S2S))

昼ヶ岳/シャック
本日のシャックです。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数

プロフィール

かつお

Author:かつお
3.11震災を機にアマチュア無線を始めました。
私立文系出身、事務方サラリーマンなので理屈は分からないですが、「とりあえずやってみる」であれこれ実験して遊んでます。