FC2ブログ

記事一覧

フロートバラン

昨日、天気が悪くアンテナ調整ができなかったので、午後からフロートバランを作っていました。
これまで山で運用するときはバラン無しのギボシダイポールで運用していました。QRPでの運用ですし、山の中で誰に迷惑をかけるわけでも無いので実用上問題ありませんでしたが、最近垂直系のアンテナを作ってテスト運用に行った際、メモリーキーヤーの調子が悪いことがありました。パドルをたたくと送信しっぱなしになります。自宅に戻ってから確認すると問題なく動作します。なんでかな~と思っていましたが、よくよく考えてみるとどうも回り込みが起こっているような気がして、パッチンコアを付けたら一発で解決しました。
夏の低山ではパドルを打つ手にやぶ蚊やブヨがまとわりつきますし、冬はかじかむ手ではミスも多くなるのでメモリーキーヤーは私にとっては必需品です。
他人に迷惑をかけることは無くても自分の運用に支障が出ては元も子もないのでバランの必要性を感じて作成しました。

バラン/PK-4 愛用のPK-4 パッチンコアで解決


ネットであちこち調べてみると移動運用での逆Vアンテナの場合、アンテナ自体が完全な平衡になっていないので強制バランよりもフロートバランの方が良いと書いているサイトが多かったので、逆らわずそのまま作成しました。

バラン/FT-50-43 トロイダルコア FT50-43 思っていた以上に小さい。

バラン/SW-55 ケースはタカチの SW-55

バラン/失敗 アナライザーで簡易測定

コアに配線用の細い電線を撚って5回巻きしましたが、どうもうまく動作しません。一旦ばらして0.5φのポリウレタン銅線に変更しましたが、結果は変わりません。理由がわからずあちこち調べていたら、テストで使っていた鰐口クリップがいけなかったようで、ダミーロードに直接接続したら問題解決しました。

バラン/完成 とりあえず完成

バラン/BNC ケースが小さくMコネが付けられなかったので今回はBNCを使いました。

バラン/160m 1.8MHz

バラン/10m 28MHz

本日早朝より昨日作ったVCHアンテナのテストにバランを使ってみましたが、やはりバラン無しだとアナライザーのメーターが不安定だったものがバランを入れると安定してました。効果抜群ですね。(*^_^*)





2016.03.05 追記
いつも使っているギボシダイポールに装着しやすいように少し改造しました。
丸環ボルトを上と両サイドに付けました。
上はロープでつるす為。
両サイドはエレメント接続と固定を兼ねています。

フロートバラン/丸環ボルト
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数

プロフィール

かつお

Author:かつお
3.11震災を機にアマチュア無線を始めました。
私立文系出身、事務方サラリーマンなので理屈は分からないですが、「とりあえずやってみる」であれこれ実験して遊んでます。