FC2ブログ

記事一覧

岩尾峰から櫃ヶ嶽 移動運用

本日は兵庫県篠山市と京都府船井郡京丹波町の境界にある岩尾峰(SOTA JA/HG-080)と櫃ヶ嶽(ヒツガダケ、SOTA JA/KT-121)にて移動運用してきました。
何れも京丹波町側からの運用です。

岩尾峰付近にはヒカゲツツジの群落があるらしく、一度見てみたいと思っていたので、丁度いい時期かなと思って行ってきました。

SOTAの山岳リストにはHG-080は雨石山と記載されていますが、SOTAマップで見ると指定ポイントは少し西側になります。
雨石山は標高611m、SOTAの指定ポイントは630mなので標高差はSOTAの規定内(25m)ですが、間に鞍部がありますので雨石山で運用してしまうとポイントにならないと思われるので要注意です。
ネットで調べたところ630mのポイントは毘沙門山と記載されていましたが、実際に行ってみると岩尾峰と書かれていました。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/地図
国道173号線から右に入るのですが、特に目印になるようなものは無いです。右折してすぐに毘沙門橋があれば正解。
毘沙門橋を渡ってすぐにお墓があり、お墓の駐車場にバイクを停めさせていただきました。

お墓 →(1時間半)→ 岩尾峰 →(15分)→ 雨石山 →(2時間)→ 櫃ヶ嶽 →(1時間半)→ お墓

今回櫃ヶ嶽から東側へ回って下山しましたが、途中農道が土砂崩れの復旧工事で通行止めになっていました。幸い土曜日で工事をしていなかったのでユンボの脇をすり抜けて通れましたが、平日は人も通れないと思いますので櫃ヶ嶽から峠まで戻って小原集落の方へ降りた方がいいと思います。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/右折
国道173号線から右折するところです。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/右折ポイント
なんの目印もないのですが、右折箇所の反対側に立っている建物です。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/毘沙門橋
毘沙門橋

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/駐車場
お墓の駐車場

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/林道4
しばらく林道を歩きます。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/一ノ滝
林道の突き当りに一ノ滝

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/登山口
滝の手前の登山口

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/登山道
この辺りの登山道は踏み跡がしっかりついているので安心です。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/毘沙門洞
急勾配を登って行くと大きな洞窟がありました。毘沙門洞というそうです。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/毘沙門洞内部
近づいて見ると中から妙な音が聞こえていたので覗いてみると、蛙の声が反響して奇妙な音に聞こえていました。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/岩尾根
多紀連山の並びにあるためか、尾根の上に出ると岩尾根が続きます。

しばらく歩いていると、ありました。
2018岩尾峰櫃ヶ嶽/ヒカゲツツジ
ヒカゲツツジです。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/ヒカゲツツジ2

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/ヒカゲツツジ3

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/ヒカゲツツジ4
毘沙門山から岩尾峰の山頂直下にかけて群生していました。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/ヒカゲツツジ5
写真に撮ると普通のヤマツツジが勝ってしまいますが、肉眼で見るとヒカゲツツジも負けていません。
コラボが綺麗でした。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/岩尾峰
岩尾峰(SOTA JA/HG-080)へ到着。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/岩尾峰山頂
山頂は狭くてとてもダイポールは無理です。
VCHを上げるのも苦労しました。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/八ヶ尾山
西側に多紀連山の端の八ヶ尾山(SOTA JA/HG-068)が良く見えていました。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/岩尾峰山頂景色
山頂からの景色です。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/岩尾峰シャック
岩尾峰シャック

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/岩尾峰VCH
なんとか立てたVCH

ここでの無線運用ですが、昨日からK値が大幅に上がっており世界各地でオーロラが観測されていたようなので厳しいかなと思っていましたが、案の定ハイバンドは全く飛びませんでした。
7MHzに移りましたが、こちらもコンディションが悪く、ほとんど呼ばれませんでした。
コンディションが悪い中いつまでも運用していても無駄なので、早々にシャックをたたみ、櫃ヶ嶽へ向かいました。
移動中にコンディション回復することと祈りつつ。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/雨石山から櫃ヶ嶽
岩尾峰を下る途中に見えた雨石山と櫃ヶ嶽です。
真ん中の山が雨石山、右手奥に見てているのが櫃ヶ嶽。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/雨石山
雨石山です。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/雨石山山頂
ここは山頂が広くてダイポールも問題なく張れますが、SOTAの対象地ではありません。
ここから一気に急勾配を下りていきます。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/峠
小倉の集落から上がってくる峠に着きました。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/境界杭
ここから再度登り直しです。ここからは登山道もあまりはっきりしませんが、兵庫県と京都府の境界杭が点々と連なっているので杭を目印に登って行けば間違いないです。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/山桜
途中山桜が綺麗に咲いていました。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/櫃ヶ嶽
櫃ヶ嶽に到着しました。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/櫃ヶ嶽山陽の様子
山頂の様子です。そこそこ広いのでダイポールも問題ないと思います。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/櫃ヶ嶽北側
山頂からの景色です。北側だけが開けています。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/櫃ヶ嶽VCH
VCHアンテナを上げ、早速運用開始。

いつもの通り14MHzからスタートしましたが全く呼ばれず。しばらくするとJA3NAP局がJA/SI-030運用開始したので呼ばせていただきS2S。
その後18MHzに移るとニュージーランド、オーストラリア、沖縄から呼ばれ、少しコンディションが回復してきたかな?と思いましたが後が続きません。
7MHzに出てみましたが、こちらは相変わらずコンディションが悪いままで数局交信しただけです。
最後にEスポでも出ればハイバンドも可能性あるかな?と24MHz28MHzと運用しましたが、数局で終了。

まあ、こんな日もありますね(笑)

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/熱対策
運用中リグを触ってみたら手に持てない程暑くなっていました。早速手作りシークヒントをセットしてタオルでガード。
お昼を回ると気温もぐんぐん上がって、30度を超えました。湿度が低いので体感的には我慢できましたが、喉が渇いてペットボトルの水がみるみる減っていきました。

あまりに暑いので早々に帰り支度。2時頃には下山開始しました。

2018岩尾峰櫃ヶ嶽/工事中
下山途中集落に向かって農道を歩いていると突然の通行止め。
なんとかユンボの脇をすり抜けました。

この後、延々と農村の中を歩き、再度山に入って峠を越えてお墓の駐車場まで。
暑かったので疲れました。

本日の歩行距離
2018岩尾峰櫃ヶ嶽/グラフ

〈本日の運用結果〉
岩尾峰(SOTA JA/HG-080)
  7MHz  5局(JAのみ)
 18MHz  1局(JAのみ)
櫃ヶ嶽(SOTA JA/KT-121)
  7MHz  3局(JAのみ)
 14MHz  1局(JA、S2S)
 18MHz  3局(JA、VK、ZL)
 24MHz  4局(JA 2局、VK、ZL)
 28MHz  1局(JAのみ)

Equipment
 Rig : KX2(5W)
 Ant : VCH

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数

プロフィール

かつお

Author:かつお
3.11震災を機にアマチュア無線を始めました。
私立文系出身、事務方サラリーマンなので理屈は分からないですが、「とりあえずやってみる」であれこれ実験して遊んでます。