FC2ブログ

記事一覧

ハズレかな?

先日記事を書いたリニアアンプ(MX-P50M)ですが、eBayで注文してみました。

MX-P50M/到着
注文して10日程で到着。

MX-P50M/包装
袋を開けると箱に入っているわけではなく、プチプチに包まれているだででした。

MX-P50M/開封
ま、動けばいいんですけどね。

MX-P50M/ミニプラグ
付属品は電源ケーブルとPTT信号用のケーブル、FT817用のDIN8ピンコネクタと併せて2.5mmステレオミニプラグが付いていました。KX3用かな?いずれも自分でハンダ付けするようになっています。

MX-P50M/重量
重量は515g

MX-P50M/ケーブル
コントロールケーブルはFT-817NDとKX2とどちらにも繋げられるように分岐させました。

MX-P50M/セッティング
早速セッティング

MX-P50M/出力不足
ダミーロードを繋いで5Wで送信してみたところMAX35W程度しか出ません。

電圧が低いのかなと思い、ワットメーターを繋いでみました。
MX-P50M/14V
電源は新しく購入したO'Cellのリチュームフェライトバッテリー(12.8V 9Ah)です。
満充電で14.17V

MX-P50M/13V
送信時13.8V 消費電流6.4Aです。

特に問題なさそうです。
よく判らないけどとりあえず中を見てみようと裏蓋を開ける為、ひっくり返してみると
MX-P50M/へこみ
チョットへこんでる。う~ん

MX-P50M/開腹
中はこんな感じで、見てもよく判りませんが・・・。

MX-P50M/MRF-186
よく見ると終段のMRF-186の表示がありません。
偽物つかまされたか?

MX-P50M/抵抗W3
電源ラインにつながっているボリュームがありました。
ネットで拾ってきた回路図を見ると、リグからの信号がトランスを通ってボリュームにつながっています。
もしかしたらこのボリュームで出力調整できるのではと思い、早速調整してみました。

MX-P50M/出力UP
少しずつ回して出力がどう動くか確認してみたところ、時計と反対周りに回すとパワーアップしました。
最終的に約40W以上出るようになりました。

FT-817NDの各出力、各バンドでの出力と消費電流を見てみました。
MX-P50M/各出力

これならまあまあ使えるかなと思いましたが、スプリアスの事が気になったので昨日作ったカプラーとステップアッテネーターを使ってAPB-3で見てみました。

MX-P50M/スプリアス
とりあえず7MHzを見てみたところガッツリ出ています。
第3高調波が基準波から-43.72dB、第5高調波が-36.33dB(新スプリアス基準は-50dB以下)
出力を落としてみたらどうかと思い、先ほどのボリュームを戻してみましたが、状況は変わりません。
他のバンドもみな結構でていました。

チョットこれではダメですね。
ハズレを引いちゃったかな?


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数

プロフィール

かつお

Author:かつお
3.11震災を機にアマチュア無線を始めました。
私立文系出身、事務方サラリーマンなので理屈は分からないですが、「とりあえずやってみる」であれこれ実験して遊んでます。