FC2ブログ

記事一覧

MX-P50Mのローパスフィルタ検証

以前からスプリアスに悩んでいるリニアアンプ(MX-P50M)ですが、内蔵のローパスフィルターがどんな状態なのか調べてみる事にしました。

MXP50MLPF/開腹

MXP50MLPF/π型2段
ローパスフィルターはπ型の2段の様です。


MXP50MLPF/コンデンサ取り外し
先ずはコンデンサを取り外し。
3.5MHz帯はスプリアスは出ていないので問題ないだろうという事で外していません。

MXP50MLPF/180pF
180Iと書かれています。Iの意味がよくわかりませんが・・・。

で、コイルはトロイダルに巻かれた巻き数を数えて、こちらのサイトでインダクタンスを想定。
コンデンサはLCメーターで測定しました。
MXP50MLPF/表1
コンデンサそのものには問題は無さそうです。

次に こちらのサイトでローパスフィルターを設計。
アマチュアバンドが減衰しないようにカットオフ周波数を設定して各ローパスフィルターのLC値を求めました。
MXP50MLPF/表2
装着されていた値と比較してみると、恐らくチェビシェフ式のローパスフィルターのような気がします。
ただ、設計値と実際に入手可能なコンデンサとの差異や、できるだけコストダウンの為に部品共通化などで本来の性能がでていないのかな~という気がしました。
ただ、コイルのインダクタンスも不足気味なの.はなんでしょうね。

LTspase(回路シュミレーションソフト)が使えれば意味合いも判っていいんでしょうけど、難しすぎてチョット無理。

という事でコンデンサを一部変更してコイルも巻きなおしてみようかと思います。
MXP50MLPF/表3
今夜のうちに部品を発注すれば来週には作業にかかれるかな。
スポンサーサイト



訪問者数

プロフィール

かつお

Author:かつお
3.11震災を機にアマチュア無線を始めました。
私立文系出身、事務方サラリーマンなので理屈は分からないですが、「とりあえずやってみる」であれこれ実験して遊んでます。