FC2ブログ

記事一覧

リニアアンプ(MX-P50M)のテスト運用_SOTA JA/HG-048 三嶽

本日は兵庫県丹波篠山市の三嶽でSOTA運用を兼ねてリニアアンプのテスト運用をしてきました。
普段5W運用なのですが、リニアを入れて30Wでどの程度変わるものかのテストです。
今回使用するリニアアンプMX-P50Mは以前随分苦労して使用できる状態にした物です。

2020三嶽/地図
早朝6時過ぎにフォレストアドベンチャー駐車場へ到着しましたが小雨がパラついていたため、身支度を整えながらしばらく様子見。
これ以上は天候悪化はなさそうなので6時半頃出発。
(因みに県道301号線はフォレストアドベンチャーから北側は災害復旧工事の為2月末まで通行止めです。)

2020三嶽/小金ヶ嶽
最初の急登が終わったころに東側が明るくなってきました。

2020三嶽/ガス
山頂が近づくと少々ガスがでていました。

2020三嶽/到着
山頂へ到着。
45分程でした。

2020三嶽/DP
早速フルサイズのギボシダイポールを展開。

2020三嶽/シャック
本日のシャックです。

2020三嶽/ハンダ外れ
もう一本2m用のHB9CVを設置しようと取り出してみるとエレメントのハンダが外れていました。(-_-;)
仕方がないのでテープで巻いて固定。

2020三嶽/東向け
とりあえず聞こえるので大丈夫かな?SWRはどうなってるかわかりませんが・・・・。

2020三嶽/景色
準備をしていると晴れ間が広がり景色がきれいに見えましたが、曇ったり晴れたりの繰り返しです。

2020三嶽/システム
気を取り直してHFの運用開始します。
今回持ってきたシステムです。
過去記事を見ていただくとわかりますが、MX-P50Mは結構なスプリアスが出ているのでローパスフィルターを作るのに苦労しました。

2020三嶽/カイロ
真夏に自宅でテスト運用(CW)したところMX-P50Mはかなりの発熱でしたが、真冬なら大丈夫だろうということで使ってみましたが、少し温度の高いカイロ程度の熱だったので、寒い山頂では丁度良かったです。(笑)

8時頃いつものように14MHzからスタート。
直ぐにニュージーランド、北米から呼ばれます。
さすがに30Wもあるといつも呼んでいただく局からのレポートは軒並み良くなりました。
こちらから送っているレポートは319とかひどいときは219ですが、いただくレポートは529とか539です。
最近あまり交信できていないオーストラリアからも一度だけ呼んでいただけましたが、かなり信号が弱く交信成立ならず。
その間、かなりの局に呼ばれたのですが、こちらがQRZ?と打鍵しているのに勝手にレポートを送ってきてTUとか・・・
ちゃんと聞こえてないなら呼ぶなよ(笑)
しばらくすると呼ばれなくなったので18MHzへ移りましたが、こちらはあまり呼ばれず。
21MHzでは全く呼ばれないし、RBNにも捕捉されませんでした。

一旦7MHzに降りて5Wで送信。
呼ばれるのは7、8エリアばかりです。
リニアを入れて30Wで送信してみましたが、やはり韓国や7、8エリアばかりで近距離はスキップしていたようです。

再度14MHzに出てみましたが、ニュージーランド、とフィリピンから呼ばれただけで、後は全く呼ばれませんでした。
コンディションが落ちたみたいです。

仕方がないので一旦食事休憩の後2mでしばらく交信。

12時過ぎから再度7MHzに出てみたところ、1エリアへのパスがよかったのですが、すぐにコンディションが落ちてしまいました。
RBNを見ると最初1、4、7エリアに強力に届いていたようですが、すぐに海外のスキマーに拾われるようになり国内はスキップしたようです。

しばらくするとKX2の内蔵バッテリーが消耗し、電源が落ちたので本日の運用は終了としました。
この時点でO'CELLのバッテリーは標準電圧の12.8Vのままでした。もう少し容量の小さなバッテリーでもよさそうです。

今日の感触では、コンディションがよければ5Wよりも30Wの方が強力ですが、コンディションが悪ければ30Wでも飛ばない印象でした。
CWだとZLもVKもNAも5Wで届くので(レポートは219とか319ですが)30W突っ込む意味があまりありませんね。
SSBだとかなり違うのかな?今度テストしてみようと思います。

〈本日の運用結果〉
  7MHz 21局(JA:20局(S2S:1局)、韓国1局)
 14MHz 10局(JA:4局、ニュージーランド3局、北米2局)
 18MHz  4局(JA:2局、オーストラリア1局、ニュージーランド1局)
144MHz  6局

 Equipment
  Rig : KX2+MX-P50M , NTS220
  Ant : DP , HB9CV

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数

プロフィール

かつお

Author:かつお
3.11震災を機にアマチュア無線を始めました。
私立文系出身、事務方サラリーマンなので理屈は分からないですが、「とりあえずやってみる」であれこれ実験して遊んでます。