FC2ブログ

記事一覧

MX-P50Mの出力

先日から移動運用でMX-P50Mのテスト運用をしていましたが、出力について疑問が湧きました。
1月 4日 三嶽
1月20日 大野山

MX-P50Mのスプリアス対策であれこれテストをしていた時は13.8Vの電源を使っており、エキサイター側の出力3Wで30W程度出ていましたが、実際にはバッテリー運用の為徐々に電圧が下がります。
リチュームフェライトバッテリイーをフル充電で約14V、使用しているうちに標準電圧の12.8Vで運用していました。
電圧が下がってきたときにどの程度の出力なのか、また消費電流はどの程度なのか確認してみました。

MX-P50M測定/測定
エキサイターはKX2
MX-P50Mの電源はアルインコDM-330MV(電圧の細かい調整ができませんが)
出力モニターはダイヤモンドSX-600

MX-P50M測定/ワットメーター
電流測定はTURNIGYのワットメーター

エキサイターの出力を1W~10Wまで変えて3.5MHz~28MHzまで各バンドの出力・消費電流を調べてみました。
MX-P50M測定/結果
全部載せても見にくいだけのなので一番よく使う14MHzだけピックアップ。
(どのバンドも似たような数値を示していました。)

やはり電圧が下がると出力も下がっていますね。テスト運用ではKX2の出力を3Wとして30W出ているつもりでいましたが、チョット低かったようです。
30W出そうとすると徐々に電圧が下がる事を考えると5W入れる必要があるようです。
消費電流は少し上がりますが、O'Cellの12.8V 9Ahバッテリーなら問題なさそうです。
また、6W以上いれても飽和しているのか大して出力UPしませんのでやはり5Wがよさそうです。

因みにFT-817ND内蔵電池での運用も考えて一応2.4Wのデータもとってみました。(KX2の出力切替は0.2W単位なので)
12.8Vで23W程度出るようです。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数

プロフィール

かつお

Author:かつお
3.11震災を機にアマチュア無線を始めました。
私立文系出身、事務方サラリーマンなので理屈は分からないですが、「とりあえずやってみる」であれこれ実験して遊んでます。