FC2ブログ

記事一覧

武奈ヶ岳(イン谷口より)

本日は滋賀県大津市の武奈ヶ岳(標高1214m)でSOTA運用してきました。

ここ数年は西側の葛川から登ってばかりでしたが、学生時代は車が無かったのでJR湖西線比良駅から登っていました。
高校生の頃まで比良駅からイン谷口までのバスもイン谷口からのゴンドラも動いていたと記憶していますが、その後山頂のスキー場、比良ロッジの閉鎖と共にゴンドラもバスも無くなりました。
(あらためて調べてみたらバスは休日のみですが復活しているようですが。)

私が初めて登山をしたのもこの山です。
小学校5年生の林間学校だったかな?
雨の降る中ヒーヒー言いながら全員無事登頂し、比良ロッジで一泊。翌日ゴンドラで下山という工程でした。
今ではこんな無茶な遠足やったら非難轟轟かもしれませんが、当時のクラスメートの中ではいい思い出となっています。
その後も中学、高校、大学と四季を通じて登っていた山でした。

そんな思い出のルートを辿ってみようと出かけてみました。(といっても30年も前の事なので記憶は曖昧ですが・・・)

2020武奈ヶ岳/地図
イン谷口から金糞峠を経由して山頂へ。下りは八雲ヶ原、比良ロッジ跡を経由してダケ道を下りました。
登り3時間40分、下り3時間10分程でした。

2020武奈ヶ岳/P着
早朝5時にイン谷口駐車場を出発。

2020武奈ヶ岳/ヒキガエル
途中でヒキガエルを沢山見ました。真横を通っても微動だにしません。保護色なので隠れているつもりなんでしょうか?

2020武奈ヶ岳/青ガレ
青ガレを通過。
写真を撮っていたら、ふと昔の事が思い出されました。
(霧で何も見えない中、青ガレの途中でルートを確認しようと地図を広げていたら ゴン ゴン と岩の落ちる音が聞こえてきた事。)
悠長に写真撮っている場合じゃないので早々に立ち去ることに。

2020武奈ヶ岳/ガレ場
と言っても急登でなかなか進みません。

2020武奈ヶ岳/金糞峠
ようやく金糞峠へ到着。
看板には「青ガレ危険」との事。通ってきちゃたよ(^^;

2020武奈ヶ岳/小川
一旦下って小川をわたり

2020武奈ヶ岳/シャクナゲ
登り返すと一面シャクナゲの群生地でした。
春に来ると綺麗なんでしょうね。

2020武奈ヶ岳/尾根
尾根に出るとしばらく緩やかなアップダウンが続いて快適。

2020武奈ヶ岳/武奈ヶ岳
ようやく武奈ヶ岳が見えてきました。(右側の高いところ)

2020武奈ヶ岳/直下の道
山頂へ続く道は昔もかなりエグれていましたが、当時の倍ほどのエグれかたでした。(30年も経てば当たり前か)

2020武奈ヶ岳/西南陵
山頂直下、葛川からの西南陵が綺麗に見えました。

2020武奈ヶ岳/山頂
ようやく山頂が見えました。少々ガスってます。

2020武奈ヶ岳/到着
8時40分、到着。
山頂には誰も居らず、貸し切りです。

2020武奈ヶ岳/西側
西側の景色

2020武奈ヶ岳/北側
北側の景色

残念ながら琵琶湖川は雲に覆われ何も見えません。

2020武奈ヶ岳/シャック
晴れて琵琶湖が見えてきたらすぐに判るように琵琶湖向きにシャックを構築。

2020武奈ヶ岳/IC705
今回初めてIC-705を持ってきました。

今日はいつもより運用開始時間が遅いので、7MHzから運用開始。
割とコンディションが良かったのかコンスタントに呼ばれ、途切れたところで14MHzにQSY。
と、ここで突然携帯の電波が途切れ圏外になってしまいました。
携帯でSOTA Watchにスポットできないですが、RBNに拾われるだろうと期待して、おにぎりを食べながら運用していました。
北米から呼ばれたのでスポットが入ったのかと思っていましたが、後で確認したら全くRBNに拾われていませんでした。
どうも北米局は私が出てくるのを待っていてくれたようです。
他にも何局か北米から呼ばれましたが、ノイズが高く交信成立ならずでした。残念。
その後18MHzに出てみたところ、サンディエゴ近郊の山(SOTA W6/SC-338)で運用する局から呼ばれS2S。
21MHzはニュージーランドが2局。
最後にリクエストがあったので再度7MHzで運用。

今日は午後から天候悪化の予報だったので11時前に片付け開始。

2020武奈ヶ岳/琵琶湖
片付けをしていたら雲が晴れてやっと琵琶湖が見えました。

2020武奈ヶ岳/撤収
11時過ぎには撤収。

2020武奈ヶ岳/八雲ヶ原
途中八雲ヶ原で休憩。

2020武奈ヶ岳/比良ロッジ跡
比良ロッジは跡形もありませんでした。

2020武奈ヶ岳/崩壊
ロッジから北比良峠へ向かう道が大きく崩壊していました。チョット怖かった(^^;

2020武奈ヶ岳/北比良峠
北比良峠へ到着。

2020武奈ヶ岳/武奈ヶ岳遠望
振り返ると武奈ヶ岳が見えます。
あそこから降りて来たんだな~

2020武奈ヶ岳/琵琶湖
前を見ると琵琶湖。
あそこまで下りないといけないんだな~
既にクタクタで動きたくないので、しばらく休憩していましたが、ジッとしててもどうしようもないので仕方なくまた歩きだすことに。

2020武奈ヶ岳/キノコ
途中可愛いキノコがありました。(詳しくないので名前は判りません)

2020武奈ヶ岳/川
何とか大山口の分岐まで戻ってきました。

河原で頭から水をかぶって汗を流しました。

2020武奈ヶ岳/グラフ
11km程の工程でしたが、やはり高温多湿の今の時期は堪えますね。


〈本日の運用結果〉
 7MHz 16局(JAのみ)
14MHz  4局(JA:3局、北米:1局)
18MHz  5局(JA:4局、北米S2S:1局)
21MHz  3局(JA:1局、ニュージーランド:2局)

Equipment
 Rig : IC-705 (5W)
 Ant : VCH


〈IC-705使用感〉
IC-705を山で使ってみた感想ですが、やはり明るい屋外では液晶がほとんど見えません。
直射日光を受けると熱の問題もあるので折畳傘を使っていましたが、それでも見にくいですね。
液晶保護シートを変えてみたら少しは変わるかな?
2020武奈ヶ岳/傘
付属バッテリーは私の使い方では少々容量不足な感じでした。
フル充電からスタートしましたが、1時間半程で残り少なくなったので外部バッテリーを接続。(始終5W運用)
あと、気になったのがノイズです。
DXのギリギリの信号がノイズで取れなかったのですが、このノイズが環境なのかリグなのか。
なんとなくKX2ならとれたんじゃ?と思いました。
もう少し使ってみないとわかりませんけど。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数

プロフィール

かつお

Author:かつお
3.11震災を機にアマチュア無線を始めました。
私立文系出身、事務方サラリーマンなので理屈は分からないですが、「とりあえずやってみる」であれこれ実験して遊んでます。