fc2ブログ

記事一覧

論鶴羽山運用(SOTA JA/HG-083)

昨日淡路島へSOTA運用しに行ってきました。
以前から行ってみたかった論鶴羽山(ゆづるはさん)へ行きましたが、折角淡路島へ渡るので1座だけではもったいないと思い、隣のSummit中向背三角点にも行ってきました。

2020論鶴羽山/全体地図
神戸淡路鳴門自動車道の洲本インターで降り、国道28号線から途中左折して上田池沿いの林道を上がっていきました。
一旦中向背三角点はスルーして論鶴羽山へ向かい、帰りに中向背で運用しました。

2020論鶴羽山/地図
NTTの電波中継所までバイクで行き、ここから山頂まで5分程です。
ここは1200MHzの広域レピーター(南あわじレピーター)があるところなのでご存じの方も多いと思います。

2020論鶴羽山/林道
林道は基本的には舗装されていますが、所々未舗装部もあり、かなり狭いので走行注意。

2020論鶴羽山/中継塔
NTTの無線中継所です。

2020論鶴羽山/無線中継所
中継所の前に駐輪。
車を停めるスペースはありませんので、車の場合は論鶴羽神社の駐車場へ。

2020論鶴羽山/到着
山頂へ到着。

2020論鶴羽山/山頂の様子
山頂の様子です。
生憎の曇り空です。

2020論鶴羽山/山頂の様子2
反対側から見たところ。
正面の林の中にレピーターがありました。

2020論鶴羽山/レピーター
レピーターです。

2020論鶴羽山/GP
GPが一本立っていました。
これ一本でかなりの広範囲をカバーしているようです。

2020論鶴羽山/景色西
西側には大鳴門橋が見えていました。

2020論鶴羽山/景色東
東側には風車が沢山。

2020論鶴羽山/シャック
山頂の片隅にいつものVCHアンテナを立てました。
強風が吹いていて、アンテナもかなりしなってます。

2020論鶴羽山/システム
今回はKX2にMX-P50M(リニア)を繋いで30W運用です。

早速運用開始と14MHzを覗いてみると、強烈なノイズが・・・。
ガーッ、ガーッ、ガーッという強力なノイズが断続的に出ていてSメーターを振り切っています。
これでは運用にならないなと思いながらも一応CQを出したところ、ノイズの隙間から呼ばれましたが全くコールサインが取れません。
話にならないので18MHzに出てみましたが、こちらも全く同じ。
ならば7MHzはどうかと覗いてみましたがダメです。
ダメとは言いながらポイントなしでは困るし、チェイサー各局も待っているので、ダメ元で7MHzに出てみました。
ノイズの隙間を縫って、何とか数局交信できましたが、とても続けていられないのでHFは終了。
少し時間を置けばノイズも収まるかもしれないと思い一旦1200MHzに出てみました。
ただ、時間が早すぎてほとんど呼ばれません(皆まだ寝てる?)
再度HFを覗いてみましたが、ノイズは収まっておらず、仕方なく論鶴羽山での運用は終了としました。

ノイズがレピーターから出ているとは思いにくいし、NTTの中継塔なのか?それとも麓に見える町からなのか不明。
中向背三角点はすぐ近くなのでやはりノイズが酷いと困るな~と思いながら論鶴羽山を後にしました。


〈論鶴羽山での運用結果〉
 7MHz 4局(JAのみ)
18MHz 1局(JAのみ)
1.2GHz 1局

Equipment
 Rig : KX2+Amplifier(30W) , TH-59(700mW)
 Ant : Handmade Vertical

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数

プロフィール

かつお

Author:かつお
3.11震災を機にアマチュア無線を始めました。
私立文系出身、事務方サラリーマンなので理屈は分からないですが、「とりあえずやってみる」であれこれ実験して遊んでます。