fc2ブログ

記事一覧

角尾山運用

本日は兵庫県西脇市の角尾山(SOTA JA/HG-250)で運用してきました。
以前、JJ3IUS局に写真を見せていただいた事があり、景色の良い山なので一度行ってみたいと思っていた山でした。

2023角尾山/地図
光明寺の駐車場に車を停め、境内を進んで一番奥の本堂脇から登山道に入りました。
ずっと尾根伝いに歩くので快適なハイキングができました。
登り1時間半、下り1時間20分。

2023角尾山/P着
光明寺駐車場にて夜明けです。

2023角尾山/トイレ
駐車場にはトイレも有りました。

2023角尾山/塔
写真では明るく写っていますが、実際にはまだ薄暗く、頭にライトを点けて境内を抜けていきました。
駐車場からの参道が一番こう配がキツイ気がします。

2023角尾山/登山道
登山道はよく整備されていて快適です。

2023角尾山/日の出
標高が上がり、開けたところに出たら朝日が昇っていました。

2023角尾山/平野
播磨平野が一望できます。

2023角尾山/岩場
少々岩場もあります。

2023角尾山/角尾山
鉄塔の右側が角尾山のようです。

2023角尾山/到着
到着しました。

2023角尾山/熊ノ尾
三等三角点 熊ノ尾

2023角尾山/山頂からの景色1
山頂からの景色です。


360°の眺望がすばらしいです。
流石に山城の跡だけあって、麓の様子等一目瞭然です。

2023角尾山/VCH
山頂の隅にVCHアンテナを立てて8時頃運用開始。
今日は18MHzから順番に上がって行きました。
時間的に北米へのパスは厳しいかなと思いましたが、それなりに呼ばれました。
あと、24MHz、28MHz辺りは南米への伝播が良いかもしれないと思っていた所、28MHzでアルゼンチンから呼んで頂けました。
一通りハイバンドを楽しんでから7MHzで国内チェイサー各局と交信。

今日は天気予報ではかなり冷え込むとの事だったので、真冬の装備と共に鍋焼きうどんセットを持ってきましたが、天気が良かったこともあり、ポカポカ陽気でした。
最後に呼び廻りをして撤収

2023角尾山/撤収
11時頃に下山開始しようと思ったら、一組だけハイカーが登って来ました。
今日あったのはこの一組だけです。

2023角尾山/ヤマカガシ
下山途中にヤマカガシでしょうか?
道の真ん中に居ました。つついても動きが緩慢です。
昨日急に冷え込んだからかな?

2023角尾山/本殿
光明寺の本殿まで降りてきました。
朝は暗くてよく見えなかったので、ウロウロ拝観しながら降りていきました。

2023角尾山/山門
山門です。

2023角尾山/モミジ
カエデは少しだけ紅葉していました。
もう少しすると寺全体が見事な紅葉になりそうです。

2023角尾山/P帰着
駐車場へ無事帰着。

2023角尾山/P景色
この駐車場からの景色も素晴らしかったです。

2023角尾山/グラフ
標高グラフです。距離は往復6.8km。
グラフでは結構なアップダウンの様に見えますが、実際はそれ程では有りません。
お手軽なハイキングに丁度よい山でした。
手軽に登れるし、整備もされていて景色抜群の山なのに、ハイカーが少ない穴場的な山ですね。

〈本日の運用結果〉
 7MHz 17局(JAのみ(S2S:4))
18MHz  4局(JA:2、台湾:2)
21MHz  6局(ニュージーランド:2、北米:3、フィリピン:1)
24MHz  4局(北米:3、オーストラリア:1)
28MHz  5局(JA:1、北米:2(S2S:1)、アルゼンチン:1、フィリピン:1)

Equipment
 Rig : KX2 (7MHz:5W , Other:10W)
 Ant : VCH
スポンサーサイト



コメント

No title

行かれましたか
私は西脇市観光協会のサイト
https://www.nishiwaki-kanko.jp/trekking/
に地図があったので
芳田の里ふれあい館に車をとめて登りました
https://www.nishiwaki-kanko.jp/trekking/pdf/map_tsunoosan.pdf
登山口まで少しわかりにくかったですが確か1時間かからなかったと思います。

Re: No title

JJ3IUSさん

お知らせありがとうございます。
観光協会に出てたんですね。気づきませんでした。
事前に「点の記」を見たところ、測量隊もこのルートを利用していたことが書かれていました。
測量隊は荒廃した林道奥に車を停め、そこから登ったとの事。
ただ、地理院地図には林道から先の道の記載がなかったので今回は光明寺から行き、途中に林道へのルートが有る事は確認しました。
また、機会があればふれあい館からも登ってみます。

ありがとうございます

「点の記」何のことか知りませんでした
早速、国土地理院に新規登録、ログインして閲覧しました。
これからも役立ちそうです。
貴重な情報ありがとうございました。

Re: ありがとうございます

JJ3IUSさん

今日は交信ありがとうございました。
「点の記」見ていると面白いです。
古い物だと、明治時代から更新されていない物も有ったりするので、登山コースの確認には役に立たないですが、当時の状況等記載されていたりします。
また、山頂が行政の境界になっていることが多いですが、そういう場合にも参考になるので便利です。

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数

プロフィール

かつお

Author:かつお
3.11震災を機にアマチュア無線を始めました。
私立文系出身、事務方サラリーマンなので理屈は分からないですが、「とりあえずやってみる」であれこれ実験して遊んでます。

検索フォーム

記事検索

ログサーチ

よく読まれている記事