fc2ブログ

記事一覧

QMXその4 (ハイバンド版のパワー)

前回QMXハイバンド版のパワーが低くて変圧器の巻き方をあれこれ変更していましたが、まったく良くなりませんでした。
パワーが低い原因として最初に頭に浮かんだのが、ローパスフィルターの通過帯域の減衰です。
ただ、ローパスフィルターを触るのは手間がかかるので後回しにしていたのですが、いろいろやっても変わらなかったので仕方なくチマチマとLPFの調整をしました。

QMXハイバンドLPF/LPF
LPFの調整に入る前にL401(手前の黄色いトロイダルコイル)をやりなおしてみました。
回路図ではICの間に入っているのでパワーとは直接関係ないだろうと思っていましたが念のため一旦外して巻きなおしてみましたが、やはり何の変化もありませんでした。
LPFの調整は20m用からスタート。
LTspiceでシュミレーションしながら、二つのコイルの巻き数を増やしたり減らしたり増やしたり減らしたり増やしたり減らしたり・・・・。

QMXハイバンドLPF/測定
やり直すたびにパワー測定。
静電気の影響を排除するため、いちいちエンクロージャーに組み込むのでメッチャ面倒。

なんだかんだと結構時間がかかりましたが、まあまあパワーも出るようになりました。

QMXハイバンドLPF/
LPFの調整だけだと24MHzと28MHzのパワーがいまいち出ませんでしたが、前回T501を9V仕様にしたところ24MHzと28MHzのパワーが落ちたので、おそらく12V仕様に戻せば回復するだろうと思い、最後にT501を再度巻きなおして12V仕様にしました。

話は変わりますが、消費電流はかなり少ないですね。
受信時で0.07A 送信時はバンドによって若干のバラつきはありますが大体0.7A程度です。
この消費電力で4W以上出ているのはすごいことかも。

話を戻します。
ローパスフィルターの各コイルの巻き数は以下の通り。
QMXハイバンドLPF/定数
黄色が変更箇所

各バンドとも4W以上は出るようになったので、一旦これで調整は終わりにします。
もしかしたら根本的にどこか別の所に悪い箇所があるのかもしれませんが、やりだすとキリがないので。

QMXハイバンドLPF/10m
因みローパスフィルターを触っているので、都度スプリアスの確認もしていましたが、どのバンドも全く問題の無いレベルでした。


QMXハイバンドLPF/ラベル
ハイバンド版とローバンド版
どっちがどっちか判らないので、ラベルを貼りました。
なんかもうちょっとスマートはやり方無いかな?
スポンサーサイト



コメント

大変でしたね。貴重なデータ有難う御座います。ツマミにカラーシールってのはどうでしょうか?

Re: タイトルなし

iotさん こんばんは
ツマミにシール良いですね。
ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数

プロフィール

かつお

Author:かつお
3.11震災を機にアマチュア無線を始めました。
私立文系出身、事務方サラリーマンなので理屈は分からないですが、「とりあえずやってみる」であれこれ実験して遊んでます。

検索フォーム

記事検索

ログサーチ

よく読まれている記事